KDDIお墨付きのauひかり代理店

お客さんからも、KDDIからも認められてる
本当のauひかり優良店(代理店)はここだけ。

『お得な契約方法はないだろうか?』
『どこでauひかり申込むか迷ってる』
『トラブルに巻き込まれるのはイヤだ』

そんな考えのあなたには、
いま一番人気のNNコミュニケーションズがいいかも。
(URL)https://xn--au-173argve0islncshb2h.biz/

3期連続感謝状

NNコミュニケーションズは、2015年上半期から
3期連続でKDDIから感謝状が贈られている。

感謝状の内容をよく読んでみると、
【優秀は獲得実績】だけではなく【親切丁寧な対応】、
顧客満足度が高いという理由も受賞要因であるみたいだ。
[colwrap] [col3][/col3] [col3][/col3] [col3][/col3] [/colwrap] 感謝状 ズーム画像はこちら >>

NNコミュニケーションズは開通率が高いみたいだ。
開通率とは[申込み→実際に契約→開通]した人の割合。

もう少し詳しく解説すると、サイト(広告)から申込みがあると、
代理店はお客さんにキャッシュバック金額や条件などについて話す。
納得したお客さんはauひかりを正式契約、回線開通するわけだが、

たとえば、サイトに書かれている内容と
実際のキャンペーン内容が違う場合。または、
キャッシュバック受取りまでのハードルが高すぎる代理店は、
お客に敬遠されて契約にまで至らない。

(ハードルが高いとは手続きが大変ってこと)

[申込み→契約拒否→開通しない]ということで
開通率はどんどん下がっていくことになる。

開通率が高い代理店は、サイトに載ってる情報が正確だったり
キャッシュバックを簡単に受取れる仕組みになっている優良店のこと。
開通率の低い代理店はその逆、サイト掲載してある情報に
相違があったり、手続きが大変だったりしてお客さんから敬遠される。

いまのところNNCだけ

私は時間があれば、色々な代理店サイトを定期的にチェックしているが、
NNコミュニケーションズ以外、どこにも感謝状が贈られた形跡はない。

「サイトに画像載せてないだけかもしれない」とも考えたが、
もし仮に贈られているとしたら、こんなにセールスポイントとなる要素を
人目に付くサイトに掲載しない理由はないはずだ。

KDDIの感謝状は所構わず贈られるわけではないようだ。
表彰状受賞している代理店はKDDIからお墨付きをもらっている。
安心して利用できる優良店である、そう思ってもいいだろう。

[最大]の文字に警戒

時間がある時に、こちらのページと
ほかの代理店サイト(広告)を見比べてみてほしい。
すると、ある点に違いがあると気づく。
それは【最大】という文字があるか無いか。

NNコミュニケーショズのサイトには無くて、
ほかの代理店サイト(広告)には、
[最大××円キャッシュバック]と記載してある。

最大の意味を簡単に説明すると、
「もしかしたら」って意味だ。

たとえば、最大12万円キャッシュバックと
書いてあるサイトがあるとしよう。
その内訳はこうなる・・・。

キャッシュバック 30,000円
<公式キャンペーン>
のりかえサポート
30,000円分
<公式キャンペーン>
工事費割引(マンション)
30,000円分
紹介料 30,000円
合計 最大120,000円
キャッシュバック?

つまり、純粋に受取れる金額は3万円だけ。
絶対にあり得ない、とは言えないが、
そんな都合よく紹介できる人が見つかるはずはない。
ちなみに、公式キャンペーンは、どの代理店で申込んでも
誰でも権利がある【ただの割引特典】だからキャッシュバックではない。

12万円もらえると思ってたのに、実は3万円だったら・・・。
あまりにも残念すぎる話だ。

過去に経験した嫌な思い出

私は過去にフレッツ光の契約で嫌な経験をしている。

キャッシュバックの多いキャンペーンをネット検索して、
次から次へと片っ端から問合せていった。

(一週間で20件以上は問合わせただろうか)

結果、どこもかしこも書いている金額と実際の金額が違う。
回線とまったく関係ない契約をセールスされた事もあった。
(クレジットカードやウォーターサーバーとか)

最終的に、私はラプターという代理店でフレッツ光を契約した。
理由は、表示金額どおりで、ムダな契約条件もなかったからだ。

ラプター外にも魅力的な金額のところはあったが、
キャッシュバックされるのが一年後とか、
面倒な手続きが必要だったりしたので無理だと思ってヤメた。

たかがネット契約で「なんでこんな苦労しなければならないのか?」
「どうして客が勘違いするような表示をするのか?」そう思った。

やっとの思いでフレッツ光を契約した。あの時は本当に疲れた。

金額だけに注目するのはヤメたほうがいい。
余計な時間とエネルギーを浪費するだけだ・・・。
[最大]と書いてあるキャンペーンは警戒したほういい。

自分は大丈夫?

先ほどちょっと話題にだした[キャシュバックが一年後]とか、
[手続きが面倒]な代理店だが、これも注意したほうがいい。

キャッシュバックが半年後とか一年後になる場合、
その間に色々な手続きをするように言われる。
契約書返送・申請書返送・回線利用中の証明(請求書郵送)などなど。
それぞれタイトな期日が設定されていて、期日過ぎたり
書類に不備があるとキャッシュバックは無効になってしまう。

聞くところによると、6~7割ぐらいの人は
キャッシュバック受領できないトラブルになっているという話も。

これを読んで「自分は大丈夫」と思ってるかもしれない。
誰しも、はじめから「私の性格ならもらい忘れるかも」
なんて考えながら申込む人はいない。

やる手続きをメモして、カレンダーに書いて忘れないようにする、
なんてこともできるが、何か月もの間それを続けるって疲れない?
結構ストレス感じて大変だと感じるのは私だけだろうか。

本物の優良店

・最大と表示されていない
・ありのままがサイトに書かれている
・キャッシュバック振込が早い
・手続きが簡単
・ムダな契約(オプション)は不要
KDDIから優良店と認められている

個人が「いいね!」口コミしてるのも参考になるが、
auひかり本部(KDDI)が「この代理店は優良店である」と
証明しているのは、何よりも安心できる要素だ。

感謝状をもらっていないからダメな代理店だ、
と言ってるわけではないが、無理に他で冒険する理由は見当たらない。

NNC キャッシュバック金額 >>