auひかり代理店のキャッシュバックが遅いのは「●●だから」

インターネット広告などでも
よく見かける、auひかり代理店キャンペーン。

[キャッシュバック最大10万円]なんて
驚きの金額を目にすることがあると思うが、
実のところは「書いあるそのままの金額を
受取れる人なんかいない」と思ったほうがいい。

(ここに関連記事リンク)

そんなauひかり代理店のキャッシュバックは、
いつ、どのタイミングで支払われるのだろうか?
答えは「一年後」だ。早くても半年先になる。

なぜそんなに遅い時期になるのか?
それには、実はこんな理由が隠されている。

還元率を下げるため

代理店はどのように利益を出しているのか?
これから簡単に説明していこう。そうすることで、
「なぜキャッシュバックが遅いのか」の理解が深まる。

  • バックマージン

私たちがauひかりを契約しても基本料金などのお金は、
代理店ではなくau本体(KDDI)に入る。
じゃあ、代理店は何を利益に運営されているのか?

それは、auからのバックマージンだ。
簡単にいうと紹介料みたいなもので、契約者の獲得一人に対して
auから代理店へ数万円のバックマージンが支払われる。
その中から、サイト運営費、広告宣伝費、人件費などを捻出し、
単純にいうと残ったお金が利益になるのだ。

  • キャッシュバック

もちろん、私たちに還元されるキャッシュバックも
そのバックマージンから捻出される事となる。

ちょっと大げさな例えだが、分かりやすいように仮定すると、
バックマージンが10万円で、その金額から運営費を差っ引く。
残った金額は6万円となり、キャッシュバック設定が4万円だとしたら
余った2万円が代理店の利益という事になる。

いくら還元するかは、いくら利益を確保するか、
または、どれだけ経費がかかっているかによるので
各代理店によってキャッシュバック金額に違いでる。

  • より利益を確保するには?

先ほどの例でいうと、2万円が代理店の純利益になるのだが、
より多くの利益を確保するには、契約者の数を増やす努力をする他に
もう一つの方法がある。それは「還元率を下げること」だ。

「4万円のキャッシュバックを客に支払わずに済んだら」どうなるだろう?
そのとおり。代理店の利益は本来の2万円と合わせて6万円になる。

『そんな事って本当にあり得るの?』
疑問に思うかもしれないが、これは実際にある話だ。

元関係者の証言

あ、言っておくが、
この還元率を意図的に下げる手法、
または、キャッシュバックについてはau(KDDI)は無関係だ。
キャッシュバックは代理店独自で行っているキャンペーンだから。

全国シェアNO.1の光回線、その他回線の代理店に属していた
元関係者から直接聞いた話を元にこの記事を書いている。

わたし
キャッシュバック金額って
どうやって決めてるの?
知人
マージンから経費、その他を引いて、残った金額から確保したい
利益をよせて余る金額を客に還元する。
わたし
なるほどね・・・。
もっと利益を増やしたい時は?
知人
まず、ネット上に広告をたくさん出したり、
電話で勧誘したりして契約者を増やす。
それから、還元率を下げるようにする。
わたし
還元率を下げる?どうやって?
知人
すぐキャッシュバックは払わない。半年~1年後に入金するように設定して、
その間にいくつもの手続きを客にさせる。
そうすると、だいたい3~4割ぐらいの客にもらい忘れが発生する。
わたし
意図的にもらい忘れを誘発して未払いを増やすってこと?
知人
そういうこと。
お金の事とはいえ、何ケ月も経てば忘れる客もいるし、
手続きが面倒だ!って事で諦める客も結構いるから・・・。
わたし
それってちょっとエグくない?
知人
まあね。でも代理店も客の取合いで競争激しいから。
どうでもしなきゃ運営していけない所も多いからね。
わたし
そんな事してたら申込みする人減るんじゃない?
知人
実際ほとんどの人はそんな事知らないで申込んでくるよ。
スマホとかSNSの普及で噂は広まりつつあるけど
『自分だけは大丈夫』って考えるんだろうね。
わたし
なるほどねぇ。
ところで、例えば何ていう代理店がそんなことしてんの?
知人
「あくまでも予想」って前置きしておくけど、
株式会社●●とか、それから●●とかもそうだろうね。
わたし
え!そうなの?
その代理店の広告ってヤフーとかで結構見かけるよ!
マジかぁ・・・。
知人
見極めは簡単。広告とか代理店のサイト開いたら、
ある点に注目すればいいだけだから。
わたし
ある点に注目?なになに、
気になるわ早く教えて!
知人
それはね・・・。

ある文字が書いてる代理店はヤメとけ

今回話を聞けた知人によれば、
広告や代理店サイトを見て[最大]と書いてあるか?
そこだけに注目すればイイという話だった。

そう言われるとそうだ。
[最大10万円キャッシュバック!]
みたいな広告とか目にすることがある。あれか・・・。

知人に言わせれば、
「最大と書いてある場合、そのままの金額を受取る事はできない」
「しかも、そういった代理店は総じてキャッシュバックの
受取りまでに何ヶ月も待たされるケースがほとんど」

つまり、
[最大]表記=キャッシュバックが遅い、ということらしい。

ここでは表立って社名は公表できないが、
言われたとおりの代理店3社へ、実際に電話で問い合わせてみた。

R社  T社  J社 
 表示金額  最大127,000円  最大72,000円  最大100,000円
 実際の還元額  60,000円  40,000円  50,000円
支払い時期 8ケ月後 10ケ月後 12ケ月後

これらの3社が還元率を下げるため
「わざと支払い時期を遅らせている」とは断言できないが、
手続き方法に関しても、知人の言う通り「複雑でメンドクサイ」内容だった。

個人的にも『無事に受取りできる自信がない』と感じた。
だったら、少しぐらい還元額が下がっても、もっと簡単な手続き方法で
早く振込んでくれる代理店を選ぶのが無難だ!と思った。

キャッシュバックが遅い理由 まとめ

還元率を下げて代理店が利益を増やすため
だという事を学んだ。

【利用を避けるべき代理店の3つの特徴

  • 還元金額の前に[最大]と明記してある
  • 還元時期が遅い(半年以上)
  • 手続きが複雑

一概に全部の代理店がそうだとは言えないかもしれないが、
気持ちよく安全にauひかりを契約するためには、
このポイントを抑えておくべきだと思った。

あなたも是非注意して代理店選びをしてみよう。