auひかりスタートサポートプラス「違約金なんて怖くない」

更新月以外のタイミングでネット回線を解約できない理由。
それは「違約金の支払い」が発生するから。

今すぐauひかりに乗り換えたいけど、
ドコモ光やソフトバンク光など、今契約中の回線の更新月がまだ先で
解約できずに困っている方も多いはず。

でも、全く心配する必要はない!
なぜなら、違約金はauひかりが全額負担してくれるから。

auひかりスタートサポート

「回線が遅い」
「サービス対応が悪い」
「スマホをauに乗り換えた」

たとえば、このような理由で今すぐにでも
インターネット回線をauひかりに乗り換えたいと考えているなら、
ためらわず今の回線を解約してしまおう。

auひかりスタートサポートというサービスはご存知だろうか?
他社回線の解約時に発生する違約金を
auひかりが最大30,000円まで負担してくれるというサービスだ。

適用条件

このスタートサポートは誰でも受けられるサービスではない。
ある一定の条件をクリアした人のみが対象となる。適用条件は以下のとおり。

ホームタイプ契約者

・[ずっとギガ得プラン]での契約
・ひかり電話+電話オプションパックの加入
・auひかりを36ケ月以上継続する約束

マンションタイプ契約者

・ひかり電話+電話オプションパックの加入
・auひかりを24ケ月以上継続する約束

共通条件

・対象となる他社インターネット回線からの乗り換え
対象外になる回線は以下のとおり

光回線 ・コミュファ光・eo光・ピカラ光・メガエッグ・BBIQ
・ひかりJ・ビッグローブ光・ソネット光・エディオンネット
・KDDI指定のCTV・auひかりちゅら
モバイル回線 ・WiMAX(UQモバイル・その他)

※モバイル回線の端末残債はサポートには含まれない
※複数回線の違約金は適用できない(1回線分のみ)

スタートサポート申請の流れ

まずはauひかりの申込みを行う。
申込みするところは、キャッシュバックがもらえる
こちらのキャンペーンサイト(株式会社S&Nパートナー)がオススメ!

auひかりの開通日が決定したら、
現在契約中の回線を解約するように手続きする。

auひかりの工事が完了したら、
開通月を含む7ケ月以内に、事前に送付されてくる申請書と一緒に
他社回線の請求書(違約金が掲載されているもの)をKDDI指定の住所へ送付する。
※明細はコピーでもOK
※原本送付の場合は返却されないので注意

注意事項
スタートサポートを適用するには、
解約した他社回線とauひかりの
・契約名義(または同一性)
・設置住所
が同じであることが条件とされている。

違約金の還元方法

最大30,000円の他社違約金が還元される方法は2つある。
ひとつ目は[au WALLETプリカ]へのジャージ。
ふたつ目は[郵便為替]による現金支給。

いずれを選んでも還元上限は10,000円まで。
それ以上の違約金(負担金)が発生する場合については、
月々1,000円×20ケ月間(最大20,000円まで)を
auひかりの月額料金から割引して還元される仕組み。

au WALLET の還元

スタートサポート申請書に記載したauスマホ番号、
au IDに登録されてあるWALLETプリカにチャージ還元される。

還元されるタイミングは、申請から約1ケ月後であるため、
その間にWALLETプリカを解約してしまうとチャージされなくなるので注意。

WALLETプリカは契約者本人、または同一性・同一住所の家族でも可能。
[au WALLET クレジットカードタイプ]へは還元不可。

郵便為替による還元

スタートサポートの申請書を送付、KDDIが受付受理してから
約1.5~2ケ月後に郵便為替が自宅(契約住所)に届けられる。

最寄りの郵便局へ郵便為替を持参し現金化する流れ。
不在で郵便為替が受取されずKDDIに返送されてしまった場合は、
1ケ月以内に再郵送の連絡が必要となる。

1ケ月以上経過してしまうと再郵送は不可となり、
郵便為替を紛失した場合も再発行はできないので注意。

auひかりスタートサポートプラスとは?

2017年6月1日から新たなサービスとして
【auひかりスタートサポートプラス】が開始された。

適用条件はスタートサポートと同様ではあるが、
違約金の還元が[au WALLETプリカ]または[郵便為替]にて
一括で還元されることになる。

スタートサポートプラスでは、
さらに月額料金の割引特典が加算される。

毎月の利用料金から1,000円(税込)が12ケ月間。
そして、電話オプションパックの利用料金が12ケ月間無料になる。

ポイント
他社違約金が発生しない方でも申請、適用可能になっている。

まとめ

スタートサポート、スタートサポートプラスと紹介してきたが、
違約金の発生があっても無くても、
いずれにしてもスタートサポートプラスを申請するのがオススメ。
違約金が一括還元されるし、月額料金(電話オプションパック)が
1年間割引されるので大変お得だからだ。

他社回線をガマンして使い続ける必要はない。
auひかりなら余計な出費をすることなく安心して乗り換えができる。
さっそく申込みしてみてはいかがでしょうか?