「あなただけ特別」ソフトバンク光からauひかり乗り換え情報

ソフトバンク光からauひかり乗り換える人は多い。
理由は「速度が遅いから」「2年契約が終わるから」などだろう。

「スマホをauに乗り換えたから光回線をauひかりにしたい」
と考えている人も多いと思う。

そこで疑問な点がいくつか出てくる。費用面や速度などだ。
また、どこで申込むのがいいのか?という疑問も解消したいところだ。
この記事を読めば全ての疑問が解決されるので、最後まで読み進めてほしい。

auひかり料金

これは既に理解している人も多いので軽くだけ説明して終わりにする。
説明が不要な方は飛ばしてもらってかまわない。

月々支払っていく料金は大きくわけて2つある。
回線使用料(auひかり本線+プロバイダ)と工事費用(分割支払い分)だ。

回線使用料にはプロバイダ料金も含まれている。
工事費用は一括支払いもできるが、ほとんどの人は分割支払にする。

ちなみに、ひかり電話は月々500円(auスマートバリュー適用で無料になる)、
ホームゲーウェイ(ルーター)レンタル料は月々500円かかる。

ホームタイプ料金

ホームタイプの料金プラン3つある。
・ずっとギガ得プラン
・ギガ得プラン
・標準プラン

ずっとギガ得プラン

ずっとギガ得プランは3年契約する必要がある。
契約期間が長めに設定されている代わりに、料金が1年ごとに安くなるため
加入数が一番多いプランである。

ずっとギガ得プラン
1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円

解約申し出がない限り3年間で自動更新されるタイプ。
更新月以外の解約には15,000円の違約金がかかる。(更新月の違約金はなし)

ギガ得プラン

ずっとギガ得プランとの違いは、契約期間が2年間であること。
料金は据え置きで5,200円。更新月以外の解約違約金は9,500円かかる。

ギガ得プラン
料金据置き 5,200円

標準プラン

特徴は[契約期間の縛りがない]こと。いつ解約しても違約金が発生しない。
気軽に解約できるから、一見すると良さそうなプランに感じるかもしれなが、
料金設定が高めなので、継続利用を考えると割高なプランである。
このプランを選ぶ人はあまり少ない。

標準プラン
料金据置き 6,300円

マンションタイプ料金

マンション料金は、設置する集合住宅の戸数とタイプによって
月額料金が変動する。タイプV(16契約以)だと月々3,800円。
それ以外は下の表を参考にしていただきたい。

月額料金
タイプV 16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
都市機構デラックス 東日本/西日本 3,800円
タイプE 16契約以上 3,400円
8契約以上 3,700円
マンションギガ 4,050円
マンションミニギガ 5,000円
タイプF 3,900円

開通工事費

auひかりを使い始めるには開通工事が必要となり、
ホームタイプは37,500円、マンションタイプは30,000円かかる。

工事費は一括支払いと分割が選べるが、ほとんどの人は分割で支払う。
分割の場合は、月額料金と一緒に請求されてくる。
支払い内訳は以下のようになる。

工事費
ホームタイプ 一括 37,500円
分割 1,250円×30回
マンションタイプ 一括 30,000円
分割 1,250円×24回

料金まとめ

auひかりを利用するには[基本料+工事費]の支払いが必要。
つまり、ずっとギガ得プランでホームタイプ契約した場合は、
1年目6,350円・2年目6250円・3年目途中まで6,150円の支払い額。

タイプV(16契約以上)マンションタイプだと、
2年間の支払いは5,050円になる。

ここまでは基本となる料金の話。次からは割引と速度について。
最後はあなたに特別なキャンペーンを紹介する。

auひかり割引

あなたが受けられる割引サービスは2つある。
そして、ソフトバンク光から乗り換えるあなただけに
用意されている特典が3つあるので説明する。

工事費割引

先程、ホームタイプ37,500円、マンションタイプ30,000円の
開通工事費がかかると説明したが、実は支払う必要はない!
なぜなら、全額割引されるからだ。つまり、実質無料になるということ。

請求書にはしっかりと工事費(分割)は上乗せされてくるが、
まったく同じ金額分が割引されるので、実質的に支払いは無くなる。

しかし、ちょっと注意事項がある。次に説明する[auスマートバリュー]
いわゆるセット割を適用させると、この工事費割引は適用できなくなる。

auスマートバリューと工事費割引、どちらかを選択する必要がある。
どちらにするかは、auスマートバリューの割引額が工事費割引を上回るかどうか?
それを基準に決めるのが良いと思う。

auスマートバリュー

この割引もCMなどで広く認知されているので説明不要だと思うので、
簡単に解説して終わりにする。

auスマホ(携帯・タブレット)を契約中の人がauひかりも同時契約すると、
月々のスマホ代から一定額の金額が割引されるのが[auスマートバリュー]だ。

割引金額はスマホで加入しているプランにより違う。
最低でも934円、最大だと2,000円が割引される。
(詳しくは公式サイトを参照)

乗り換え割引

ここからが、ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える
あなただけに用意された割引サービスだ。
ただし、ソフトバンク光の更新月にauひかりに乗り換える場合は、
正直あまり関係ない割引サービスになってしまう。

でも、ちょうど更新月に乗り換える人にもお得な
特別キャンペーンを最後に紹介する。

スタートサポート

[auスタートサポート]とは、他社回線を契約更新月以外で解約するときに
発生する違約金をauひかりが負担してくれる
サービス。
最大30,000円分までを負担してくれるので、
余計な出費をせずにauひかりに乗り換えできる。

サービス適用条件は、ホームタイプの場合は
[ずっとギガ得プラン]+[ひかり電話]+[電話オプション]の加入し、
auひかりを36ケ月間利用継続することを約束すること。

マンションタイプも、回線と[光電話]+[電話オプション]に加入し、
24ケ月間の利用継続を約束すること。となっている。

申請方法は、解約した他社から送付されてくる
違約金明細書(請求書)のコピーをKDDI指定の方法で送付する。

還元方法は[au WALLET(ウォレット)]へのチャージ。
チャージ上限は10,000円。それ以上の金額については、
auひかり月額料金から[1,000円×対象金額分]を割引かれる仕組み。

「今すぐソフトバンク光を解約したい、けど違約金が・・・」
という方は、auスタートサポートがあるから大丈夫!

auひかりの速度

料金面の他に気なる事といえば、回線速度ではないだろうか?
インターネット回線は「安かろう遅かろう」では困るわけだ。
そこで、実際にauひかりの速度テストを行ってみたので、
気になる方は参考にしていただければ思う。

もっと他のデータを見たい!という方は、
auひかり平均速度の結果は●●●Mbpsだったをチェックしてみよう。

最後に

ここまでを簡単にまとめると、auひかりの月額料金は
ホームタイプはずっとギガ得プランがおすすめで、
月々5,100円からスタートして、3年目は4,900円まで値下げされる。
マンションタイプは設置する集合住宅のタイプによって料金が決まる。

開通工事には30,000円以上の費用がかかるが、
全額割引されるので実質0円でauひかりを開設できる。
スマホがauだった場合はスマートバリュー適用で
毎月最大2,000円(1台につき)の割引を受けられる。

工事費割引とスマートバリューの併用はできない。
割引金額の多い方を選択することをおすすめする。

ソフトバンク光を今すぐ解約したいけど、
更新月前で違約金支払いがあるから乗り換えできない場合には、
スタートサポートがあるので悩む必要はない。

特別キャンペーン

乗り換えはNNコミュニケーションズで申込みしよう。
NNコミュニケーションズとはauひかりの正規代理店で、
WEB申込みすると最大45,000円キャッシュバックがもらえる。

他のキャンペーンと比べたい方は、
auひかり代理店|人気の3社をチェックしてみてはいかがでしょう?